歳を取れば薄毛になるのは仕方がないことですが、同年代の同級生がみんなふさふさの髪をしているのに、自分だけがどんどん薄毛になっていくのは辛いものです。
自分は薄毛なのではないかと思うなら、一度検査をしてみることをおすすめします。
もし男性型脱毛症のAGAであれば、早く対処しなければあっという間に薄毛になってしまうこともあるからです。
検査には遺伝子検査キットを使うものですが、病院で検査が可能なほか、郵送で検査してもらうこともできます。
病院で検査を受ければ2万円程度かかりますが、郵送で検査してもらえば13000円程度で検査をすることが可能です。
原因がハッキリしたほうが、どのように対処すればいいのかすぐわかります。
もしも、自分がAGAだと分かったなら、治療の方法はコストと範囲によって違ってきます。
日本のクリニックで行われているのがプロペシアの処方です。
プロペシアはAGAの治療薬ですが、プロペシアは新薬であるだけに価格が高く、持続して服用しなければならないAGA治療をする場合、継続が難しくなるなどのデメリットがあります。
それよりも、プロペシアのジェネリック医薬品を選んだほうが賢い選択でしょう。
現在、プロペシアのジェネリック医薬品にはいくつかありますが、そのなかでもっとも人気があるのがフィンペシアです。
インドの大手製薬メーカーシプラ社が製造しているAGA治療薬で、大手が作っているだけに安心して使用することができます。
こんなに安く購入できて良いのかと思うほど安く、これまでプロペシアを使い続けてきたのはなんだったのかと感じることでしょう。
病院で処方してもらうのに比べて、ジェネリック医薬品を使ったほうがずっと安上がりです。
ただ、安いといっても、これだけ効き目がある医薬品なので、ちゃんと効果があるかどうかが気になります。
それに、副作用も全くないわけではないでしょう。
一度はクリニックで診察を受けてみて、これなら安心して服用できるとなったらフィンペシアを服用することにすればいいのです。
最初は心行くまで医師に相談してみて、自分にプロペシアがあっているかどうかを試してみてください。
それで、副作用など気になる症状が出なければ、今度は有効成分の同じフィンペシアに切り替えればいいだけです。
そのほうが安心して服用を始めることができますし、もし副作用などのトラブルが起こった時に、医師に相談しやすいのではないでしょうか。
プロペシアは、ミノキシジルと併用すると相乗効果を発揮して良くなると言われています。
プロペシアだけでも費用がかかるのに、ミノキシジルまで手が回らないという方も、プロペシアをフィンペシアに変えればミノキシジルを試す余裕ができるでしょう。
大切なのは、病院で診てもらうということではなく、どれだけ負担が少なく薄毛を治療できるかです。
プロペシアのジェネリック医薬品はいくつかありますが、どれを選べば負担が少なく安心なのかよく考えて選んでみましょう。