人気のジェネリック医薬品のフィンペシアをご存知でしょうか。
男性型脱毛症のAGAに悩んでいる方の多くが選び、効果があったと多くの口コミが寄せられていて、さらに注目を浴びているAGA治療薬です。
ジェネリック医薬品ですが、正式なジェネリック医薬品ということではありません。
なぜなら、先発薬であるプロペシアの特許が2019年まで残っているからです。
本来なら、この特許が残っている2019年まで、ジェネリック医薬品を製造することはできないはずです。
ところが、実際に多くのプロペシアのジェネリック医薬品が製造されいるのは、インドの特許事情が深くかかわっています。

インドでは、欧米諸国とは違った特許の考え方を取っていました。
インドでは成分特許が認められていなかったため、新薬であっても製造方法を変えればジェネリック医薬品を作ることができました。
そのため、プロペシアのジェネリック医薬品も多数つくられているのです。
そして、低所得者が多かったこともあり、低所得者を保護する目的から、医薬品の上限価格が定められていたこともこのジェネリック医薬品の製造競争に拍車をかけました。
これは、インド国内だけでなく、アフリカなどの貧しい国々、そしてAGAに悩んでいる日本の男性にとっても心強いことです。
プロペシアのジェネリック医薬品があるおかげで、安価にAGA治療ができる道が開かれたからです。

これまでは、高価なプロペシアを使うしかAGA治療をする道がなく、そのためにAGAの治療自体を諦めてしまっていた方も多かったのです。
それが、プロペシアのジェネリック医薬品を利用できるようになってから、AGA治療をやってみようと希望を持つ男性が増えました。
プロペシアのジェネリック医薬品の中でも、もっとも安価でコストパフォーマンスが良いのがフィンペシアです。
ところで、フィンペシアの効果はどれほどのものなのでしょうか。
やはり、これから利用したいと考えている方が、もっとも気になるのがその点なのではにないでしょうか。
インドのジェネリック医薬品は、新薬を元にして作られていて、有効成分は新薬のものと同じです。
ただ製造方法が異なるため、それによる効果の差はあるかもしれません。
しかし、有効成分が同じであるため、効果も同程度にあると考えることができます。
結論として、インドのジェネリック医薬品であっても、新薬のプロペシアとそれほど差はないとうことが言えます。

ただ、ジェネリック医薬品のなかには偽物が含まれていることもあるため、購入するのであればそれを見極めなければなりません。
素人ではそれは難しいことですから、信頼できる個人輸入代行業者を見つけるのが一番でしょう。
フィンペシアは長く服用しなければならず、劇的に効果が出るものではない医薬品であるため、偽物をつかまされないように注意しましょう。
大手の個人輸入代行業者であれば、ほぼ心配する必要はないのではないでしょうか

P.S.
最近のこぎりやしサプリメントを飲んでます(笑)
効果は3か月後くらいにこのサイトで報告します。
sapuri01