体毛の濃い人は男らしく見えます。
若い時は、頭髪もふさふさだったという方も多いでしょう。
ところが、体毛が濃い人に限って、薄毛になりやすいということをご存知でしょうか。
それは、体毛の濃さは男性ホルモンの多さで決まるのですが、同じ男性ホルモンが薄毛の原因になることもあります。
その原因は、5αリダクターゼという酵素にあります。
5αリダクターゼの量や質によって、将来AGAになるかどうかがわかるのです。
そのため、AGAの治療を受ける前に、普通遺伝子を調べられるのはそのためなのです。
禿げるかどうかは、血液検査を行って、5αリダクターゼの量や質を調べればいいのですからとても簡単に結果を知ることができます。
体毛がふさふさなのに、頭髪だけ寂しいというのは、かなり避けたいシチュエーションです。
しかも、体毛が濃ければ濃いほど、薄毛が進行しやすいというのですからショックです。
もし、5αリダクターゼが多くて、AGAだと診察されたなら、処方される薬はプロペシア一択でしょう。
ミノキシジルを一緒に処方されることもあるでしょうが、基本はプロペシアで治すものです。
プロペシアに含まれているフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害し、テストステロンが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンになるのを押しとどめてくれます。
5αリダクターゼの働きを止めることで、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが作り出されるのを邪魔し、結果薄毛の進行を止めることができるわけです。
これによってヘアサイクルが元に戻り、薄毛を劇的に改善することができます。
また、皮脂の過剰分泌も改善されることから、脂ギッシュな頭皮環境も改善されます。
これだけ良い医薬品ですが、価格が高いため、日本での普及率はかなり低いままです。
確かに、どんなに効果があっても、家計が火の車では購入するのも躊躇するでしょう。
それなら、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを試してみましょう。
フィンペシアの有効成分はプロペシアと同じで、同じ効果を期待できます。
まずは、医師と相談しながらプロペシアを試してみて、軌道に乗ったところでフィンペシアを試してみるのはどうでしょうか。
プロペシアよりずっと安価に手に入れることができるフィンペシアであれば、家計に余計な負担をかけることもありません。
効果のある医薬品であるだけに、副作用が気になることもあるでしょう。
そういうことに備えて、一度はクリニックを訪れ、一定期間はクリニックで処方される医薬品を服用してみてください。
それで大丈夫か効果を実感することができたなら、本格的に使用してみるというのも一つの方法です。
どちらにしても薄毛を改善するためのは大きな時間が必要になります。
長く試すことになる医薬品なのですから、服用方法や副作用などもよく理解をして、できるだけ安心して服用できる状況を作りましょう。
できるだけ早く薄毛を何とかしたかったなら、できるだけ早めにAGA治療を受けることです。